めなりの効果なしは嘘?2か月使用の口コミレビュー!

めなりの成分は、眼科でも摂取を推奨されています

 

めなりの有効成分である

  • ルテイン
  • アントシアニン
  • アスタキサンチン

これらは、眼科でも摂取を推奨しています。
推奨する理由は、加齢により減少していくものであり、
日々の食事でも摂取は可能ですが、必要な量を食事だけで摂取するのは難しいからです。
そこで、めなりなどサプリで補給することは効果的であるという報告がされています。

 

ルテイン

ルテインは食事からも摂取可能です。
ほうれん草やブロッコリーに含まれています。

 

ルテインは、目の黄斑という網膜の中央部に存在しています。
抗酸化作用があり、網膜の細胞を守っています。

 

ルテインは加齢や喫煙、紫外線を浴びると減少します。
ルテインは体内で生成することができません。
食事などで摂取しないと、老眼が進んでしまいます。
毎日必要な量のルテインを食事からとることは難しいのです。
ですから、ルテインの吸収力を高めためなりはとても有効なのです。

 

米国の眼科では以前からルテインの効能が認められていて
眼科の患者にもすすめていたようです。

 

アントシアニン

ルテインが注目される以前は、疲れ目にはブルーベリーがいいとされていました。
ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの1種が含まれています。
効果は強い抗酸化力があります。
視力の回復といった効果はありません。

 

アスタキサンチン

エビ、カニなどに多く含まれる成分で、これも強力な抗酸化作用があります。
眼精疲労に効果があるという報告がされています。

 

めなりの有効成分から、老眼、眼精疲労には
抗酸化作用が重要であるとわかります。

 

目は毎日使います。
起きている間はずっと酷使されています。
毎日歳を重ね、減少していくルテイン
毎日必要な量を、かんたんに摂取できるめなりは
パソコン、スマホが重要な昨今ではとても注目されているサプリです。

 

見えずらくなってきた
パソコンの画面をみるのが辛くなってきた
疲れ目がひどくて、目が痛い
といった症状がある方には、めなりをお試しください。

 

トップページへ

page top